「怒る」と「叱る」

大阪府茨木市「こころ社労士事務所」の香川昌彦です。
社長と話をしていると、必ず社員の指導についての話が出ます。
特にミスをしたときの対応は頭が痛いところです。ついカッとなって怒ってしまいます。
叱ることは意外に難しいのです。

ここで「怒る」と「叱る」の違いを簡単に説明します。

  • 「怒る」
    大声で怒鳴ります。
    小さい声でブツブツと嫌味を言う場合もあります。
    理性を失っています。
    部下の人格を否定します。
    過去のミスまで遡って、それを責めます。
  • 「叱る」
    周囲に聞こえないように2人で話します。
    人格については触れません。
    過去のミスについては触れません。その「叱る」原因となったミスだけに焦点を当てます。
    ミスの事実を確認します。
    ミスの原因を一緒に考えてます。
    今後の防止策について一緒に考えて、部下に結論を出してもらいます。
    最後に「期待しているからね」と労います。

さて、どちらの社員が今後成長するでしょうか?

「ミス」や「営業目標の未達」は、社長にとって絶好の指導ポイントです。
ここで対処を誤ると、その社員は成長しないし、萎縮して「パフォーマンスの低下」「自主退職」となってしまいます。最悪のケースは「パワハラ」で訴えられることになります。

では何故怒ってしまうのでしょうか?
答えはシンプルで「指導法がわからない」からです。
「自分もそうやって育ってきた」
と反論する方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら「怒る」という行為、そもそも何のためにやっているのでしょうか?
自分の感情をぶつけたいだけになっていないでしょうか?
ビジネスにおいて、感情はもちろん必要です。
モチベーションなんて、感情なしでは上がることはありません。
ただし、感情といってもいろいろあって必要なのは「愛情」です。
「怒るのは愛のムチだ」との主張があるかもしれません。
でもその「愛」伝わってますか?
伝わらなければただの「自己満足」です。
社員との信頼関係が壊れてしまう場合だってあるのです。

指導目的は人材育成です。
自分の思い通りにならないという感情が先行するかぎり、怒り続け、社員は成長しないという負のスパイラルが繰り返されるのです。
半年後、1年後、3年後のたくましくなった社員の姿を想像し、愛情を持って接することがなにより大切です。

 

香川 昌彦

香川 昌彦

社会保険労務士法人こころ社労士事務所 代表
全国社会保険労務士連合会(登録番号第27190133号)
大阪府社会保険労務士会(会員番号第22072号)
大阪府中小企業家同友会 三島支部 情報化広報委員長
一般社団法人即戦力 理事
茨木商工会議所専門家相談事業 相談員
大阪府働き方改革推進支援・賃金相談センター 訪問コンサルティング専門家
関西圏雇用労働相談センター 労働相談員

関連記事

RELATED POST

PAGE TOP
MENU
お問合せ

TEL:072-646-8954

(月 - 金 9:00 - 17:00)